WORLD ペプシ 世界のペプシの歴史

  • 1898年(明治30年)
    • ペプシコーラ誕生。 米国ノースカロライナの薬剤師キャレブ・ブラッドハムが調合した
      消化不良の治療薬がペプシコーラのルーツ。
      主にコーラナッツ、バニラビーンズ等を原料にしたもので、
      ”Brad’s Drink”(ブラッドの飲み物)と呼ばれる飲料として
      薬局で製造、販売された。
      後にコーラナッツと消化酵素のペプシンから
      「ペプシコーラ」と名付けられた。

  • 1902年(明治34年)
    • ペプシコーラ・カンパニーを設立、
      ペプシコーラの本格的な販売を開始する。
      フランチャイズ制の生産・販売システムの拡大によって、
      1906年までには全米に200のボトラー(製品を瓶に詰め、
      販売する会社)と契約する。
      第一次世界大戦後、急激に生産コストが上昇したことから、
      キャレブ・ブラッドハムはビジネスを断念し、
      ペプシコーラの商標を売却する。
      以後、約15年にわたりオーナーが度々代わる苦しい時代を迎える。
      大恐慌の時代(1930年代)、ソフトドリンクのほとんどが
      1瓶(6オンス)5セントで売られるなか、
      ペプシコーラは12オンスを5セントで販売。
      当時としては珍しいラジオ・コマーシャルを大々的に使用し、
      発売と同時に売り上げを大きく伸ばす。
      コマーシャルソングも流行し、100万枚以上のレコード が
      ジュークボックスに入れられる。

  • 1948年(昭和23年)
    • 本社をニューヨークへ移転。
      1950年代初め、社長のアルフレッド・スティールがしゃれたデザインの
      ボトルを採用し、ペプシコーラを軽い、低カロリーのソフトドリンクと
      位置づけ、妻で女優のジョアン・クロフォードと精力的な
      宣伝活動を展開する。

  • 1954年(昭和29年)
    • 海外部門を設立、本格的な世界展開を開始。
  • 1958年(昭和33年)
    • スワールボトルを採用。

  • 1959年(昭和34年)
    • 社長のドナルド・ケンドールがソビエトのフルシチョフ書記長に
      ペプシコーラを試飲させる。
      ペプシコーラはソビエト政府と販売契約を結んだ最初の
      アメリカ製品となる。

  • 1963年(昭和38年)
    • ベビーブームの時代に生まれた世代を”ペプシ・ジェネレーション”と
      名付け、過去にしばられず、未来へ向かう若者を
      「ペプシの象徴」とする大々的なキャンペーンを開始。
  • 1964年(昭和39年)
    • 低カロリーのコーラ飲料「ダイエットペプシ」発売。
      「マウンテンデュー」発売。
  • 1965年(昭和40年)
    • スナック会社のフリトレーを傘下に加え、現在のペプシコ社を設立。
  • 1975年(昭和50年)
    • “ペプシ・チャレンジ” キャンペーン開始。
      ブランド名を隠して行われたコカ・コーラとの味覚調査で
      ペプシコーラが消費者から高い評価を得たことから、
      消費者がペプシコーラとコカ・コーラを試飲し、どちらが好きかを選ぶ
      様子を”ペプシ・チャレンジ”としてそのままコマーシャルとして放映し、
      大きな反響を呼ぶ。

  • 1977年(昭和52年)
    • スーパーマーケット、コンビニエンスストアなど消費者が自らブランドを
      選択して購入できる市場において、初めてコカ・コーラを追い抜く。
      ピザハットを傘下に加える。
  • 1978年(昭和53年)
    • タコベルを傘下に加える。
  • 1984年(昭和59年)
    • 社長のロジャー・エンリコは、マイケル・ジャクソンとCM契約を結び、
      独自のミュージック・キャンペーン、
      ”Pepsi, The Choice of a New Generation”を開始。
      以降ライオネル・リッチー、ティナ・ターナー、マドンナなど
      ビッグアーティストを次々に起用する。
      同時にコカ・コーラを引き合いに出しユーモアたっぷりに表現した
      挑戦広告を展開し、広告界に新風を吹き込む。

  • 1986年(昭和61年)
    • UPを傘下に加える(米国を除く)。
      ケンタッキー・フライドチキンを傘下に加え、
      世界最大のレストラン会社となる。
  • 1991年(平成03年)
    • M.C.ハマー、グロリア、エステファンをミュージックキャンペーンに起用。
  • 1992年(平成04年)
    • マイケル・ジャクソンと3度目の契約を結び、
      デンジャラス・ツアーのスポンサーとなる。
  • 1994年(平成06年)
    • ベトナムへ本格的に進出。ペプシMAXを世界各国で発売。
  • 1995年(平成07年)
    • 米国の国民的なイベント「スーパーボウル」のテレビ中継時における
      広告好感度ランキングでペプシコーラCM「インナーチューブ篇」が
      1位を獲得。2位と3位もペプシの広告で独占する。

  • 1997年(平成09年)
    • レストラン部門を分離。
  • 1998年(平成10年)
    • ペプシコーラ生誕100周年。
      ブルーをベースにした世界統一のパッケージ「新ペプシコーラ」を発売。

  • 1999年(平成11年)
    • 「コーラの美しさ(The Joy of Cola)」広告キャンペーンを開始。
      ペプシコとサントリー株式会社がノースカロライナ及びニューヨークに
      おけるボトリングのネットワークをつなぐ
      合併会社を発足する契約を締結。
  • 2000年(平成12年)
    • 「ペプシ・チャレンジ」が復活。
      最大のウェブナビゲーション企業Yahoo Inc.と組み、
      ティーン層及び若い成人を対象に
      マルチメディア・マーケティング・キャンペーンを実施。
  • 2001年(平成13年)
    • ペプシコーラのフラグシップブランドに新しいコピー「ペプシの楽しさ
      (The Joy of Pepsi.)」が付けられる。
      マウンテンデュー コード・レッドを全国発売。
  • 2002年(平成14年)
    • ダイエットペプシのパッケージを刷新。
      ブランドペプシのパッケージを刷新。
  • 2003年(平成15年)
    • ペプシコーラの商標が100周年を迎える。
      英国フットボール協会(サッカー)と4年間の
      スポンサーシップ契約を締結。
      カナダアイスホッケー協会と4年間の
      独占スポンサーシップを締結し、公式飲料となる。
  • 2004年(平成16年)
    • 米国で、ペプシエッジ(砂糖・炭水化物・カロリー50%オフ)を新発売。
  • 2005年(平成17年)
    • ダイエットペプシでスーパーボウルの生涯チケットがあたる
      プロモーション「NFLルーキーチャレンジ」を実施。
  • 2006年(平成18年)
    • スーパーボウルのキャンペーン20周年を記念し、マライア・キャリーが
      ペプシのオリジナル携帯着信メロディーを作曲&録音。
      FIFAワールドカップ2006年ドイツ大会と同時に、
      ペプシゴールドを発売。
  • 2007年(平成19年)
    • 北米でダイエットペプシMAXを発売。
      各国で、ペプシコレオグラフィーと
      呼ばれる多種のデザイン缶を同時発売。
  • 2008年(平成20年)
    • アメリカのヒップホップグループ、
      ブラック・アイド・ピーズをプロモーションに起用。
  • 2009年(平成21年)
    • 全世界に先駆け、米国で新ロゴのペプシ発売。
      ニューヨークメッツ、ニューヨークヤンキースと契約。
  • 2011年(平成23年)
    • Pepsi MAXが北米コーラ市場において最も成長したブランドに選ばれる。
  • 2013年(平成25年)
    • Live For Nowキャンペーンにて世界的ディーヴァBeyoncéを起用。
  • 2014年(平成26年)
    • メッシ、ファン・ペルシ、アグエロ、ダヴィド・ルイスと契約し世界規模のキャンペーンを展開。
  • 2015年(平成27年)
    • UEFAチャンピオンズリーグと公式スポンサー契約。
      NBAとマーケティングパートナーシップ契約。